CITTA DIARY

2019-2020

道田 一菜

道田 一菜

立命館大学産業社会学部卒。
卒業後医療事務に従事。結婚出産のライフイベントに合わせパート勤務、正職員と働き方を変えながら現在19年目。2017年より手帳ライフコーディネーターとして活動。

母、妻、嫁、社会人、娘、○○ちゃんのママ、PTAの道田さん。 いろんな役割をこなすうちに、いつの間にか自分の気持ちに蓋をして過ごすようになる。そのころの心の口癖は「私が黙っていればうまくいく」「私がしなければいけない」。 

2016年に受講したCITTA手帳講座で、自分の気持ちの蓋をしていると青木千草氏に指摘され「自分のやりたいことをやっていい。我慢しなくていい。」と気づかされる。

自分に許可を出せたことから、CITTA式手帳講師としても新たな道を歩み始める。 
自らの経験を元にした手帳講座は、それぞれの女性の立場にあわせたアドバイスが好評。

特にマンツーマン形式の「プライベート手帳講座」は、受講生の本音に寄り添うと人気講座に。特技はズボラ家事。 ライフオーガナイザー1級の資格を活かした家事術は、雑誌ESSEに3回掲載される。従来のやり方にとらわれない家事術を展開している。
(CITTA手帳講座・開催場所:滋賀・京都・大阪)